インターネットタウンガイド
石川県白山市・川北町・野々市町
総合TOPへ戻る
エリア 石川県>白山市・川北町・野々市町
カテゴリ タウンスポット>
 御経塚遺跡は縄文時代後期から晩期(3,700〜2,500年前)にかけて営まれた大規模なムラの遺跡です。中心部には祀りに使われた広場があり、それを囲むように竪穴住居が並んでいました。昭和29年に発見されてから幾度となく発掘調査が行われ、これまでに膨大な数の土器や石器がこの遺跡から出土しています。特に祭祀に使う御物石器や石棒が1遺跡の出土量としては全国的にみても大変多く、この地に住んでいた縄文人の信仰心の厚さをうかがい知ることができます。
縄文時代の生活や文化を知る上で貴重な資料であることから、昭和52年に国の史跡に指定されました。現在、約15,000m2が史跡公園として整備され、竪穴住居も復元されています。縄文時代を体感する旅に出かけてみませんか?
問い合わせ先 :

開館時間 :
休館日 :

入館料 :
交通アクセス :
所在地 :
076-246-0133(野々市町ふるさと歴史館)
076-227-6122(野々市町文化振興課)
10時〜16時
月曜日、祝日の翌日(土・日曜日は除く)、年末年始
無料
JR北陸本線「野々市駅」より徒歩約10分
石川郡野々市町御経塚